【進撃の巨人】ダイナの経歴プロフィールまとめ!残された謎を検証!

「進撃の巨人」という作品は、第1話、第2話などの初期に登場した人物や謎に大きな伏線が仕掛けられているように感じます。

個人的には2巻までに、この作品の大きな伏線がほぼ全て仕掛けられているのでは、と考えています。

そういう意味では、今回取り挙げているダイナは1巻第2話に登場しているので、かなり重要な人物であると言えるでしょう!

グリシャもそうですが、この人物を考えると本当に数奇な運命を辿っているなと感じてしまいます…

それではダイナの経歴を見て行きましょう!

Sponsored Link

◆ダイナのプロフィール!


ダイナのプロフィールです!
2017-10-17_074115

項目 内容
名前 ダイナ
身長 168cm
体重 45kg
誕生日 7月26日
年齢
所属 フリッツ王家・エルディア復権派

身長の168cmって、けっこう高身長だったんだなと驚きました。

ただ、182cmとさらに高身長だったグリシャと並んでもそれほどの身長差を感じなかったのも、ダイナの身長が高かったからか、と頷けるデータですね。

さて、冒頭でも書きましたがダイナは1巻第2話にて初登場しています。

これはダイナのもう一つの姿である「カルラ・イーター」としての登場ですね。

まずダイナは、主人公エレンの母カルラを捕食する巨人「カルラ・イーター」として初登場します。

この場面はかなり衝撃的でしたね!

次に登場したのは、12巻第50話にてハンネスを捕食する巨人として登場します。

こうやって見返すと、ダイナが巨人として登場した際には、必ずと言って良いほどエレンとミカサ、ハンネスがいますね!

ある意味「エレンとは縁のある巨人」という伏線ともとれますよね。

というか、「エレンの中にいるグリシャ」を追って来ていたのかもしれませんが…(´;ω;`)

この巨人がダイナだったことは、後の22巻87話にて明らかとなります。

この時に巨人化されるダイナの場面は、かなりヤバかったですね。

この場面で、これまでの「エレンの因縁の巨人」から「グリシャを愛し追い続ける巨人」に変わりました。

カルラ・イーターというイメージが、全てひっくり返られた瞬間となりましたよね!

それでは巨人ではなく「人間ダイナ」を順番に見て行きましょう!
Sponsored Link


◆最後のフリッツ姓ダイナの人生は?

2017-10-17_073423
言い切れませんが、作品内では正統な王家血統の最後の「フリッツ姓」となっているので「最後のフリッツ」と言って良いと思い、このような見出しにしました。

ダイナはマーレに残るフリッツ王家の末裔であり、最後のフリッツ姓を名乗った人物となっています。

現在進行中の「マーレ編」を見ると、フリッツ王家の末裔であるダイナがどリシャと出会うまで、どのような人生を送ってきたのかを想像すると、とても妄想でも追いつけません(・_・;)

現在進行中のマーレは、巨人対戦が終わって100年以上が経過しています。

ダイナが生まれたのは、年齢が確定していないので言い切れませんが、間違いなく100年は経過していませんし、おそらくは60数年程度しか経過していないでしょう。

ここから、現在のマーレ編のエルディア人の迫害どころではない差別が、ダイナの周りには起こっていたと想像できますよね!

本当にヒドイ日々だったのではないか、と思われます。

そんな中、ダイナはフクロウ@クルーガーの計らいにより、エルディア復権派と合流します。

そこでフリッツ王家再興、マーレを倒しエルディアの復活を宣言するグリシャと出会い、結婚します。

ヒドイ日々を送り生活していたであろうダイナに、「フリッツ王復活」を説くグリシャは本当に輝いて見えたでしょう!

まさに「希望の人」だったと思います。

そして息子ジークを生み、ダイナの人生で、おそらく最も幸せだったであろう日々が訪れます。

しかしその後、マーレの始祖奪還計画に先んじる為にジークをマーレの戦士として戦士候補生に送り、そのジークに密告され、「楽園送り」となりパラディ島にて巨人化されてしまいます。

そして、第50話でエレンの座標発動により巨人に食い尽くされ、確認はできていませんがパラディ島内の巨人は「ほぼ淘汰された」となっているため、ダイナ巨人もこの時に死亡していると思われます。

このように見ると、ダイナの人生で幸せな日々と思われる所は、グリシャとの結婚生活の時期だけのように見えます。

これは、22巻87話で巨人化する直前に「どんな姿になっても…」「あなたを探し出すから」とグリシャに言った場面からも、あながち外れてはいない考察かなと感じます。
2016-11-08_035005
「進撃の巨人」第87話「境界線」より


そしてダイナは、マーレに捕まり拷問された時、その間にも「なぜ息子ジークが自分達を密告したのか?」を考え続けたと思います。

これについては、「ジーク自身と向き合ったことがあるか?」とグリシャが自問しているところから、この考えは間違いなくダイナも自問したでしょう。

というか、母親であるダイナはグリシャ以上に自問したでしょう!

彼女が受けた拷問、そして「ジークに関する自問」は想像を絶する苦しみを彼女に与えたでしょう。

そのように想像してから最後の巨人化の場面を見ると、たまらない気持ちになります!

さて、最後のフリッツ姓ダイナの人間、巨人としての軌跡を追ってきましたが、彼女に残っている大きな謎を最後に考察したいと思います!

最後にダイナに残されている謎を見て行きましょう!
Sponsored Link

◆ダイナに残された謎とは!?

2017-10-17_073643
ダイナに残された謎で最も気になるのは、「クルーガーとの繋がり」ですね。

ダイナがグリシャが所属していたエルディア復権派と合流できたのは、クルーガーの引き合わせがあったからです。

この繋がりは、どのようにして生まれたのでしょうか?

ダイナが王家血統という事実は収容区でも隠されていたと思われますし、クルーガーがどのようにしてダイナが王家血統だと知ったのかは、謎ですよね!

この辺りにクルーガーが「進撃の巨人」を継承した経緯も絡んできそうな気がしますよ!

ダイナの経歴をまとめ、残された謎には「進撃の巨人」の継承も絡んでいるのでは、と考察できました!

その解明時に、再び若き日のダイナに会えるかもしれませんね!(*^^*)

グリシャ・イェーガーの経歴プロフィールまとめ!
エレンの母親カルラ・イェーガーを考察!
【進撃の巨人ネタバレ全話まとめ】


Sponsored Link

13 Responses to “【進撃の巨人】ダイナの経歴プロフィールまとめ!残された謎を検証!”

  1. 馬来熊 より:

    ダイナ巨人は生きている、という説もありますね。
    ダイナが捕食されたシーンをよく見ると
    エレンの叫びで巨人たちがライナーに向かっていく場面をよく見ると、巨人たちはダイナに群がって食べていたのを中止して向かっています。
    巨人は死体は食べないので、食べる行為を中止したということはまだ終わってなかった、つまりダイナにトドメをさしていなかった、ということになります。

    いや、でもその後ライナーたち(彼らはおそらくダイナ巨人の正体を知らない)に「死に損ないでも放っとけば復活して襲ってくるからな」と始末されたかもしれませんね
    そこへジークが駆けつけていれば……

  2. モモンガ より:

    はじめまして。
    いつも楽しく拝見させて頂いてます!

    フクロウを助けて育てたフクロウ父の仲間と、血液検査をしたマーレ人なりすまし医者がまだ出ていないので、ダイナとフクロウの接点はそこにあると考えています。
    (アニ父もこの仲間なのかなぁと・・・)

    余談になりますが、「ユミル・フリッツは有機生物の起源に触れた女性」という言葉と、巨人になる時の雷から、「ユーリー・ミラーの実験」が思い浮かびます。

  3. BB好きのTJ より:

    アースさん

     日々の考察ありがとうございます。毎回興味深く拝読しております。
     今回はダイナ・フリッツの考察ということで一つ気になることがあったのでコメントさせて頂きました。アースさんの考察の最後でダイナとクルーガーの関係性が気になるとのことでしたが私はクルーガーが王家(フリッツ家)の従者という立場だったのでは無いかと思いました。これは,彼が自分のことを「フクロウ」といっていたことから考えたことです。ギリシア神話でフクロウといえば知恵と戦いの女神アテナのメッセンジャーです。このことから,クルーガー本人はダイナ・フリッツをアテナに見立て,そのメッセンジャー(従者)ということを暗に示していたのではないでしょうか?ただ、北欧神話にベースを置く「進撃の巨人」では少し突拍子もない考えかもしれません。
     いずれにせよ,アースさんが仰るようにダイナやクルーガーの過去についてこれから本編で明らかになっていくことを期待してます。

  4. コンロガス より:

    ダイナ巨人生存説を唱える私ですが、生きていようが、生きていまいが、必ず回収されるであろう謎がもう一つあると思います。

    それは、何故、「その日」ベルトルトが壁を破壊したあと近くにいたダイナ巨人がベルトルトに全く興味を示さずに一直線にイェーガー家に向かって行ったのか、なぜエレンとダイナ巨人が「ペチン」をしたときもまっすぐにエレンに向かって行ったのか、です。

    これは、コニーにおかえりと言ったコニーの母巨人、イルゼに話しかけた巨人の存在と合わせて、読者向けには、巨人化される前の強い思いみたいなものが関わっている、特にダイナ巨人に関してはグリシャへの強い愛情の結果、ということでうすうす感づかせていると思うのですが、まだ物語の中であまり明示的には描かれてないんですよね。

    進撃の巨人はいろいろなことを明示的に回収する傾向が強いように思うので、今後、誰かの口から、無垢の巨人の謎が(全てではないにせよ)説明されるときが来るのかなと思います。ベルトルトの表情を見るかぎり、ベルトルトですらあのダイナ巨人の行動は、驚きだったようですし。

    その説明者の役割を果たすのがアニを食って人間に戻ったダイナなのかなとダイナ巨人生存説者として予想しているのですが、、、仮にこの予想が外れたとしても、巨人化学会の中心的科学者(新キャラ)が出てくるとか、エレンの口から説明が行われるとか、何か説明があるのは間違いないでしょう。

    と、ここまで書いて思ったのですが、(ダイナ巨人生存の有無に関わらず)巨人化学の副産物アッカーマンやヨロイブラウンや奇行種など巨人にまつわる謎を語ることができる巨人化学会の重鎮の学者が、今後、新キャラとして登場するという予想は、わりと悪くないですよね!笑

    • ベルトルトルト より:

      巨人には人間を感知する能力があるみたいですけど、もしアース団長のおっしゃるように、エレンの中にあるグリシャを追いかけていたのだとしたら血でもかぎ分けてるのかもしれませんねえ。

    • 管理人アース より:

      ダイナ巨人の行動はおっしゃる通り、強い想いが作用しているように受け取れますよね。
      その行動を伏線とし回収される場面が登場するとしたら、読者としてはかなり嬉しい展開ですよね!
      これ、楽しみですよ!

      >巨人化学会の重鎮の学者が、今後、新キャラとして登場するという予想
      この展開からの回収は面白いです!
      もしくは巨人科学研究所にハンジが乗り込み、そのデータを調査兵団が読者に開示、という展開もありかなと(笑)
      どのような形にしろダイナ巨人やコニー母巨人の回収があったらうれしいです!


      管理人アース

  5. 妄想を捧げよ! より:

    アース隊長!

    ダイナ・フリッツの考察記事を読ませていただきました。

    別記事のクルーガーのプロフィールへのコメントからこの記事を書いて下さってたとしたら、隊員として光栄でございます!

    あの後も私なりにクルーガーとダイナとの繋がりについて妄想してまして、そのレポートを隊長に捧げます(笑)


    1)巨人大戦後、マーレはエルディア人を差別・管理していた
    2)エルディア人であるタイバー家は特別な立場にいた

    この状況で最後のフリッツ王家の血を引くダイナが収容区にいたとは考えにくいし、もし収容区にいたなら、グリシャより先にエルディア復権派のリーダーとして祭り上げられていた可能性もあります。

    もちろん軍に捕まっていればフクロウがグリシャに言っていた様に、巨人兵器のために子を作らされる人生を歩んでいたでしょう(; ̄ェ ̄)

    となると、ダイナはタイバー家に保護されていたんじゃないか?との考えに至りました。

    フクロウについても、1)のような状況下でフクロウを保護できる様なエルディア人がいたか?と考えると今のところタイバー家位しか出てこない。。あとはあの医者かグライス家か?でもマーレからの迫害を考えると難しいか。。


    ダイナもフクロウもタイバー家に保護されたと妄想すると、二人が繋がりました。

    フクロウがグリシャに言おうとしていた事は、もしかしてこの事なのかなぁ?なんて思ったりしています^ ^

    なぜタイバー家が二人を保護したのかについては、妄想の妄想になりますので控えます(笑)

    • 管理人アース より:

      >ダイナもフクロウもタイバー家に保護されたと妄想
      これ、面白いですね!
      たしかにこう考えると繋がりますし、ここからヴィリーの展開を予想するのも面白そうです。
      ただ、公式ガイドブックキャラクター名鑑のダイナの欄に「収容区に」と書いてあったような気がします。
      ちょっと今手元にないので確認できないので申し訳ないのですが(-_-;)
      ただ、いっぽうで公式ガイドブックもあてにできないところがあるので確定はできないですが、ダイナが収容区にいたという可能性は残されますね。
      しかし、もしタイバー家に保護されていたとしたら、ジークが王家血統であるとヴィリーが知っている可能性もありますよね。
      …この展開があったら面白いですね!


      管理人アース

  6. 考察初心者🔰 より:

    妄想を捧げよ!様✨

    管理人様より先にコメントする無礼をお許しくださいm(_ _)m

    この投稿を読んだ時…
    おおおォォ〜〜✨✨✨
    と思いました❗️

    タイバー家なら陰に日向に2人を匿う事も支援する事も可能ですよね✨

    最近のマーレ編でかなり回収が進んでますが…

    一方で新たな疑問点も生まれいます❗️

    諌山先生の事ですから全ての答えを用意してくれていると思いますが…

    全て回収される日が本当に楽しみです😆

  7. MOON☾☆ より:

    はじめまして。
    いつも楽しく読ませて頂いております。
    『進撃の考察』とても面白そうです。

    ダイナの体形(身長168cm、体重45kg)は、
    オードリー・ヘプバーンの体形(身長170cm、体重50kg)と近いですね。
    綺麗な方です(^^)

    最後の王家血統の女性ダイナ・フリッツと
    クルーガー・巨人対戦・進撃の巨人で
    ロマンチックに妄想してみました(^^)


    「巨人大戦」前は、8つの巨人を分けた家同士で争いの絶えない時代が続く。
    100年ほど前に、「始祖・進撃の巨人」以外の
    「7つの巨人」を入手したマーレが、「巨人大戦」で勝利し、エルディアを打倒した。

    この時タイバー家(戦槌の巨人)は、この様子を黙認していたのでしょう。

    余談ですが、97話でヴィリーがマガトに
    「我々は…ただ見ていた」「エルディア人を檻に入れ マーレに好き放題やらせるのを…」の場面が、アニメSeazon2のEDに出ています。
    「鉄格子の張られた檻に、密集した人々が巨人に追われている」シーンです。

    巨人大戦のこのシーンの時「進撃の巨人」を継承している人物(一族)は、
    単独でマーレに捕まらないように逃げ隠れていたと思います。


    ~ ここからが妄想ラブストーリー ~

    この巨人大戦で町の人々が逃げ回っている時に、
    対立した家同士の
    「進撃の巨人」の継承者(男性(仮))と
    マーレに留まった「フリッツ家のお嬢様」が出会い
    お互いに強く惹かれ……結ばれた。と妄想しました。

    まるで『ロミオとジュリエット』のように💖
    (こんな新キャラがでたら嬉しいです✨)

    この二人は収容区で夫婦として身を隠しながら暮らしたと思います。

    大陸の残った王家の残党は、革命軍となりますが、マーレにより殺されていき、クルーガーは親を目の前で殺ろされ、父の仲間に助けられています。

    ここで 「クルーガー」にもロマンスを入れたいなと…💖

    クルーガーはダイナの父親ではないかと妄想してみました!!

    父の仲間に助けられた子供のクルーガーは
    「進撃の巨人」継承者の夫婦に会いに行きました。 

    そこでクルーガーと同じ年頃のダイナ母と出会い、
    幼い恋が生まれる……💖

    けれどもクルーガーは「進撃の巨人」を継承しマーレ軍に入ります。

    ダイナ母が亡くなり、ダイナ1人になったことを知ったクルーガーは、
    グリシャなら娘を任せられると思い彼女をグリシャのもとに連れて行かせたのではないでしょうか?

    長々と「妄想ラブストーリー」を書き込ませて頂きました。

    ありがとうございますm(_ _)m

    • 管理人アース より:

      >「我々は…ただ見ていた」「エルディア人を檻に入れ マーレに好き放題やらせるのを…」
      ここからアニメ2期EDに持っていく考察は素晴らしいですね!
      ものすごく興味深いですよ!
      これらの意味が明らかになる時が楽しみです!\(^o^)/


      管理人アース

  8. まつ より:

    ダイナが巨人化するシーンでフクロウが助けなかったのが謎です
    両方は助けられないと思いグリシャを選んだんでしょうか
    息子がいるから切り捨てたのでしょうか

    • 管理人アース より:

      二人を助けられない、という判断だと思いますが、出来なくは無かったのではとも感じられますよね。
      壁までダイナを連れていけないという判断なのだと思われますが…
      このあたりは難しいですね( ̄▽ ̄;)


      管理人アース

コメントを残す

このページの先頭へ