【進撃の巨人】カリナ・ブラウンの経歴プロフィールまとめ!ライナー母の伏線を検証!

マーレ編に入り、これまで謎となっていたライナー達の過去が明らかとなり、シガンシナ区陥落時のライナー達の動きがほぼ完全に明らかとなりました。

ただ、ここで驚いたのはライナーの家族が登場したことですね。

そして、ライナーの母であるカリナのキャラクターにも驚きました!

マーレの教育に完全に浸かってしまっているカリナは、まだ何か伏線が残っていそうですよね。

ここで、カリナのデータをまとめ、今後の役割について検証してみましょう!

Sponsored Link

◆カリナ・ブラウンのプロフィール!

2017-10-21_072257
カリナのプロフィールです!


項目 内容
名前 カリナ・ブラウン
身長 170cm
体重 60kg
誕生日 9月3日
年齢
所属 レベリオ収容区

170cmという身長は大きいなと感じますが、他の登場人物から見るとそれほど大きいという訳ではないでしょう。

近いところで見るとフリーダの171cmでしょうか?

カリナの身長と体重は、エルディア人としては一般的と言えそうです。

そんなカリナですが、どのような人物なのでしょうか?

マーレ内のエルディア人にとっては一般的なのかもしれませんが、カリナと言えばその妄信的なマーレへの忠義を持っている事が特徴です。

まず、ライナーはカリナとマーレ人男性との間に生まれた子となっています。

つまり、カリナは24巻第95話に登場したマーレ人男性と関係を持ち、ライナーを産んだということになります。

これはマーレでは固く禁じられている事であり、ライナー父であるマーレ人男性でさえ「縛首に」と言っていることから、エルディア人であるカリナは間違いなく「楽園送り」くらいの罰を受けるでしょう。

ここからもどれほどマーレ人男性の事を想っていたかが察せられますが、その影響からか、先にも述べたようにマーレ内のエルディア人にとっては一般的なのか、カリナは非常にマーレに対し妄信的に忠義を示しており、それは23巻第94話にて表れています。

ライナー一家とガビの一家が夕食会を開き、そこでカリナはガビが鎧の巨人の継承が決定的だとライナーに確認を取ります。

そこでカリナは「それはよかった…」「一族から二人も戦士を授かるなんて」「お前達がマーレに認めてもらえたことを誇りに思うよ」と答えます。

このカリナの返答を見るだけでも、どれだけマーレに尽くしているかが分かりますよね!

自分一人息子であるライナーから姪であるガビに鎧の巨人が継承される…

これは、姪であるガビがライナーを捕食されることを意味します。

これを喜べるカリナは、かなり普通ではないですよね!?

23巻第94話にてライナーが戦士候補生に選ばれて喜ぶ若き日のカリナが描かれていますが、これも巨人継承者に選ばれれば息子ライナーが13年の寿命になってしまう事よりも名誉マーレ人になり、ライナー父と暮らせる事を優先しているようにも見えますし、マーレから認められる事を優先しているように感じられます。

ここから、カリナが息子ライナーよりも、マーレに認められる事を重きに置いている事が分かりますよね!

そしてガビが鎧の巨人を継承することを確認した後にカリナは「あの島に住む悪魔共さえ消えてくれれば…」「エルディア人は みんな幸せになれるのにね」と続けます。

その後、ライナーは家族、親戚だけの場ということもあったのでしょうが、パラディ島にいたエルディア人達、つまりエレン達の思い出し、思わず「彼らは悪魔ではない」というニュアンスで語ってしまいます。

それに対し、カリナはまるで仇を見るような目でライナーを見ながら自分達を「善良なエルディア人」と称し、パラディ島にいるエルディア人を悪魔と語り「制裁を与えなければならない」と説きます。

ここからカリナが「息子ライナーよりも、ライナー父@マーレ人男性を優先している」「マーレへの忠義心に溢れる」人物であることが分かりますよね!

平たく言うと、ライナーにとっては「自分を一番に想ってくれない母」ということになるでしょう。

つまりは、カリナという人物は「息子ライナーを一番に想っていない母」という事になります。

ここからカリナの役割とは、少年ライナーが他の戦士候補生よりも劣っていながらも巨人継承者になる為に必死に努力していた理由であり、さらにパラディ島の実情を知ったライナーの葛藤の理由となっている事が分かりますよね!

ただ、この辺りの役割はカリナは既に終えていそうです。

それではカリナの役割は全て終わったのでしょうか?

ここでさらに、今後のカリナの役割を考察してみましょう!

Sponsored Link


◆カリナが「使える柱」である展開を考察!

2017-10-21_072124
現時点最新話である24巻第98話にてマガトから「使える柱」という言葉が登場しました。

この柱についての98話考察!「使える柱」「ネズミ」を検証!にて考察していますが、崩壊寸前のマーレ軍、もしくはマーレ国そのものを「家」にたとえ、その中でもまだ「使える柱」=「使える人材」の事を指してマガトが使った言葉となっています。

この時の考察では、使える柱は「ジークかコスロではないか?」と考察しましたが、実際その可能性が高いのではないかと思われます。

ただこの「柱がカリナ」という展開はないでしょうか?

その可能性を感じたのは23巻第94話でガビにパラディ島のエルディア人がいかに悪魔であるかを説き、制裁を与えなければいけないと説明している場面です。

この時のライナーを見やるカリナの目付きは、まるで犯罪人を見るかのように見えました。

これって、まるでカリナが「ライナー自身が、パラディ島の悪魔だと認識している」ように見えませんか?

少なくとも、管理人アースには息子を見る母の目には見えませんでした。

ましてやこれまでの考察で、カリナが「息子を一番に考えいない」「マーレ忠義主義」であることが分かっています。

ここから、カリナがライナーを密告するという展開が起こるのではと予想できないでしょうか?

たとえば、カリナがコスロにライナーがパラディ島に寝返っていると密告します。

そして、コスロからマガトへカリナの密告が伝えられ…

そんな展開もあるのでは、と感じました。

この場合、使える柱がカリナであり、ネズミはライナーとなりますね!

もし、そんな展開が起こったらライナーがたまらなく、見てられないですよね(;´Д`)

自分で予想しながらも、ちょっと引いてしまいました…(・_・;)

ただ、諫山先生の展開は「予想の斜め上」を行き、「残酷な展開」がしばしば起きます。

これくらいの展開を覚悟しておかないと、次回のページをめくれないでしょう!

カリナの考察から、「使える柱とネズミ」が「カリナとライナー」という予想をしました!

今後のカリナの動きにも注目ですよ!(^^)

ライナー・ブラウンの経歴プロフィールまとめ!
【進撃の巨人用語集まとめ】
【進撃の巨人ネタバレ全話まとめ】


Sponsored Link

15 Responses to “【進撃の巨人】カリナ・ブラウンの経歴プロフィールまとめ!ライナー母の伏線を検証!”

  1. NADIA より:

    アース様
    毎日、更新があれば必ず拝読しています。ありがとうございますm(__)m

    ところで、ライナー母カリナについての深いご考察に「なるほど!!」と納得させられました。
    私も、ライナーにとって母であるはずの彼女に何か違和感を感じていました。
    「鎖の巨人の後継者になる」というのはそういうことですよね(T-T) 母親としては複雑に思うところなはずですが・・・。
    「柱がカリナ」というのは面白い着眼です(^^)

    • 管理人アース より:

      ありがとうございます!
      「更新を必ず拝読」は、励みになりますよ!
      ちなみに、ホームの一番上に新しい記事が無い日は、何記事か下に更新した記事がある事があるので、もし記事更新が確認できなかったら下の方を見てみてください。
      ほぼ毎日記事更新をしていますので、これからもよろしくです!

      カリナの違和感、本当に感じますよね!
      彼女には、まだ何かありそうな気がするんですよ。
      それがライナーをさらに地獄に落とす事にならなければ良いのですが…と思いながらも「進撃の展開」はそうなるのでは…と思っています(-_-;)
      カリナには、これからも要注意ですよね!


      管理人アース

  2. ベルトルトルト より:

    カリナが使える柱だなんて考えもしませんでした。
    そうだとしたらほかの巨人能力者の家族もマーレ軍の調査が入っているんでしょうか。ポルコやピークもまずそうですよね。ライナーは回想するとき一応言葉遣いには気を付けていたみたいですけどね。

    • 管理人アース より:

      ほとんど妄想ですので…(-_-;)
      ただ、カリナにはまだ何かしらの役割が残っていそうだなと感じています。
      それが「ライナーに対する密告」でなければ良いのですが・・・
      最近のライナーには、本当に同情する展開ばかりなので、これ以上苦しまないで欲しいと願っていますよ。


      管理人アース

  3. ダダ より:

    おおお・・カリナが柱!
    これぞ考察というものなんですね!
    いつも根拠を示せなくて、妄想の範囲で終わってしまう万年訓練兵には、団長や調査兵団の方々の鮮やかな斬撃が眩しいです!

    ライナーは、そうたやすくパラディ側につくわけもなく、もしかしてカリナがマーレに行きたいばっかりに、ライナーにとどめをさすような事をするなり言うなりして・・と考えていました。
    それが”密告”なんてなったら、ライナー、ただでさえ危うい精神状態なのに、完全にぶっ壊れちゃいますね・・。
    今までずっと「ママの愛が欲しい、僕を見て!」だけを原動力にして、戦士になるのも頑張ったし、マルセルにもなりきったし、一旦故郷に帰ろうと言うアニをメチャ言いくるめたのに(しかも自分だけ帰ってきちゃった)、これはキツい!

    もしライナーがエレン(たち)と共闘する展開になったとしたら、そこにいるライナーはどんなライナーだろうか、と考えてしまいます。
    もう完全に感情を失ったライナーか、それともいい子をやめた本質のライナーか・・
    ん?ライナーの本質ってどんなのでしょうね。
    今まで見てきたライナーは”ママにとっていい子”のライナー。
    本来の彼って、いまのところ、マルセルが捕食されたとき、みんなをおいてアニより速く逃げたぐらいしか思い出せないです。
    幼い段階で自分を封じてしまったから、それ以降成長せず仕方ないとは思いますが、髭顔で幼児になられたらちょっとコワいな・・。妄想とめます。

    カリナは伏線回収の役がすんだら、やはり死亡するのでは、と思いますが、どんなことで死亡となるか、いやな感じがしてきました。

    ライナー母にしろ、ジーク両親にしろ、ヒストリア父にしろ、自分の都合でしか子を見てない人が出ると、エレン母の「だって・・見て下さいよ こんなにかわいい」が本当にステキに感じられます!

    • 管理人アース より:

      >「だって・・見て下さいよ こんなにかわいい」が本当にステキに
      本当ですよね!
      進撃に登場する親って、子供たちに本当に負担を強いている人たちばかりで、彼らが不憫でしょうがないですよ。
      グリシャしかり、ロッドしかり、カリナなんてまさしくで…
      そんな中、カルラが見せたエレンへの愛は、まぶしいですよね!
      この愛を少しでもカリナがライナーに見せてくれたら…
      そして少しでもライナーが救われたら・・・そんな妄想をしてしまいます(泣)
      最後の最後で良いので、ライナーに少しでも救いのある展開を望む管理人アースでした!



      管理人アース

  4. 馬来熊 より:

    柱とネズミを並べてみて
    ネズミが柱をかじってる光景を想像すると
    かじられて徐々に蝕まれていってるのはどっちかというとライナーの方のような
    知性巨人はマーレの影響力を支えてた柱でもあったわけですし
    しかしそうなると逆にジークはタイバー家の立場でマーレの態勢を立て直すのには使えない、ということになってしまう……

  5. 進撃の芋女 より:

    こんにちは、進撃の芋女です。

    正直、ジークの祖父もライナーの母親も嫌いなキャラです。

    ジークの祖父は自分の息子へ後悔している姿を見て安堵しました。

    ライナーの母親もアニの父親のように考えを変えてくれればいいのですが…。

    ヒストリアと父親のパターンもあるのでどうなるんでしょうか。

    乗り越えるのかわかりあえるのか(ライナー死亡もあり)、新しいパターンがくるのか予想もつかないです。

  6. にゃんこ より:

    どうも、「普通」とは国が違えば変わるもの、
    カリナ,グリシャ父,アニ父達はごく普通のマーレ人でしょう。
    カリナのあの目は息子が危険な思想に染まらないように必死に説得しているのかも、と思います、グリシャが子供時代に妹が殺された時にはグリシャ父が必死にグリシャを説得していました。

  7. いち訓練兵 より:

    いつも楽しく拝見させて頂いております。

    あまり関係の無いコメントで失礼致しますが、カリナ=ブラウンのブラウン姓はカリナの両親の姓なのでしょうか?それとも父親の姓でしょうか。レイス家が持っていた、そしてエレンが摂取した『ヨロイ ブラウン』の巨人化薬が今更ながら気になってしまいます。中東連合との戦いで飛行艇から飛び出した無垢の巨人は皆ジークからの骨髄液でした。知性の巨人から骨髄液を採取するのが最も簡単で安全なのでしょう。まぁジークの場合はコントロールできるためとは思いますが。
    では、『ヨロイ ブラウン』の骨髄液は誰からのものなのでしょうか?カリナは「一族から二人も」と言っていたように、カリナの一族は優秀でかつては鎧の巨人を保有していたのでしょうか。その時採取した骨髄液をレイス家が持っていたのでしょうか。でなければライナーの骨髄液でしょうか?そう考えるとパラディー側(レイス家)とマーレ側(タイバー家を通して?)は繋がっていた?のでしょうか。
    ここに来て『使える柱』などの存在もいるので、もしかしたら“スパイ”などもいるのでしょうか?

    今後、その辺の回収があるのかどうか楽しみです。

    • 管理人アース より:

      「ブラウン」姓はカリナの家の姓でしょう。
      父親はマーレ人なので、その姓を名乗ることはしていないと思われます。
      「ヨロイ・ブラウン」とライナーの関係は、ちょっと予想しきれないですね(・_・;)


      管理人アース

  8. 進撃の子育て より:

    アース団長、いつもありがとう。進撃の巨人の世界に浸れ、またまた、幸せな日々。親は我が子へ、無償の愛情注ぎます。たとえ、その子が、どんな成長をしても、最終的には、受け止めたり、信じたりして。なのに、エレンな母、カルラやミカサの母みたいに、自己犠牲を払わず、子供に負担をかけるなんて、愛、ではなく、切ないですよね。愛が、なにかを変えるので、あれば、愛が無い側は、良き結果は、舞い込まないでしょう。ライナーの気持ちを思うと、切ない。」はり、エレンと共闘すべきだと思う。

    • 管理人アース より:

      ライナーとエレンの共闘展開が起こるのかどうか、かなり難しいですが、少しでもライナーが救われる展開が起こると嬉しいですよね!
      たとえ二人がぶつかる展開になったとしても、そこにお互いへの理解が感じられる描写が登場してくれると…嬉しいです(;´Д`)


      管理人アース

  9. ライナーは必ず俺たちの仲間に返ってくる より:

    お疲れ様です!

    今回も深い考察…
    そして、当たって欲しくない考察…

    マルセルがポルコを守ろうとしていたことや、コルトがファルコまで巨人継承させたくないと言っていたことからも、やはり名誉マーレ人なんて好んでなるものじゃないというのは明らかですよね。

    私は、23巻94話でカルラがパラディ側のことを「私達を置き去りにして逃げた」とか「私達を見捨てた奴ら」とか激しく言っていたことが気にかかりました。

    他のエルディア人とはまた違った思想に犯されているような。
    カリナが柱というアースさんの予想、オソロしすぎて当たりそうで本当にイヤなんですけど、でも当たらないよう祈っております(>o<)

    • 管理人アース より:

      >「私達を置き去りにして逃げた」とか「私達を見捨てた奴ら」とか激しく言っていたこと
      これは巨人対戦時の事を指しているのでしょうね。
      自分達大陸に残ったエルディア人を見捨てて壁内に籠もった事をズッと恨み続けているのかなと。

      カリナが柱展開は、地味に怖いですよね(・_・;)
      ただ、諫山先生の展開っぽいと言えばそう感じますので・・・来そうな気も(笑)


      管理人アース

コメントを残す

このページの先頭へ