「進撃の巨人展 WALL NAGASHIMA」体験レポ!

先日「進撃の巨人展@ウォール・ナガシマ」へと壁外調査へ出陣して来ました!\(^o^)/

率直な感想は、「広く浅い進撃ファン」から、読み込んだマニアックな「コアな進撃ファン」まで楽しめるのはないか、という非常に好感の持てる内容でした。

あまりイベントには出向かない管理人アースですが、本当に楽しかったです!(^^)

巨人展に行きたくても行けない人やサイトを見ているファンに、この喜びを少しでも味わってもらいたいと思い、内容を紹介します!

かなりの内容を紹介しますので、これから巨人展に行こうと思っており、内容を知りたくない方は見ない方が良いかもです(・_・;)

ちなみに写真の撮影はOKでした(^^)

Sponsored Link

◆「進撃の巨人展WALL NAGASHIMA」の内容を紹介!

2016-12-25_173728
愛知県在住の管理人アースは、伊勢湾岸道路を使用し30分弱にて会場のある、ナガシマスパーランドに到着しました。

伊勢湾岸道路からは車で数分くらい、本当に目の前にあり便利ですね!

そしてナガシマスパーランドの入り口には、この日から超大型巨人の頭が!!
2016-12-24_154246
これには驚きました!

2m以上、3mくらいの超大型巨人頭部は、かなりリアルな仕上がりとなっており、耳もキチンと丸型となっていました!
2016-12-24_160817
来場者は皆、写真を撮っており「こんなのに50m上から見られたら怖えぇ~」などと言っていました。

「50mではなく60mだよ」とツッコミたかったですが自分を抑え(笑)、まっすぐ「進撃の巨人展WALL NAGASHIMA」の会場へ!

ナガシマスパーランドの入り口から徒歩3分くらい、すぐに到着です!
2016-12-24_155228
入り口の看板に、テンションが上がりました!
2016-12-24_155248
管理人アースは、コンビニのサークルKサンクスにて前売り券を買っていたので、そのまま会場へ行きました。

前売り券で買っておくと2400円が2300円となり、100円お得ですよ(笑)

会場に入り、まずは1分間の動画を観ることになります。
2016-12-24_155305
アルミンによる「進撃の巨人」の設定の説明でした。

日の浅いファンにも対応している感じがして、嬉しくなりました(^^)

次に、作品の原稿の展示ですね!

諫山先生のコメントが添えられており、ひとつひとつをじっくり見て行きました。
2016-12-24_155330
数十点あり、さすがに全ては紹介できませんが、いくつか紹介して行きます。

この画で、「写真を見て書かなきゃ」と思われたようですね。
2016-12-24_155354 2016-12-24_155411
しかし、頭の中だけでこれだけ描けるというのも…スゴイです(・_・;)

大砲の弾がシャボン玉って(笑)
2016-12-24_155434
たしかに数が多いので、そう思われたのかもですね!

このエピソードを数年経っても忘れないということは、諫山先生の中でも印象に残った言葉だったのかもですね。

アルミンの顔は、描きやすようです。
2016-12-24_155450
たしかに、ヒストリアにしろウーリにしろ、アルミンと顔が似ているキャラが多いですよね。

諫山先生は、アルミンベースの顔を描くのが得意ということなのかもです。

「進撃の巨人」は別冊マガジン創刊号から始まった作品ですが、この場面はカラーだったのですね!
2016-12-24_155600 2016-12-24_155618
知りませんでした!(・_・;)

コミックスの画の感じから、「カラーだったのかな?」くらいには思っていましたが…

カッコいい!

ミカサの「初期の方がよく描けてる」というセリフと同じようなコメントが、展示内で良く見かけました。
2016-12-24_155718
諫山先生としては、初期の画の方が「良く描けている」と感じる事が多いようです。

これも、今回の展示を見て知りました。

「お前が」の前という字が草かんむりに見えます(^^)
2016-12-24_155745
このような字のミスに、若い年でのデビュー作なんだなぁと感じますよ。

この画は「巨人同士の戦いを描きたくて先走った」画だったようです。
2016-12-24_155806
たしかに女型の巨人との戦いの前である、第21話での扉絵でしたね。

「人間と巨人の戦い」ではなく「巨人同士の戦い」が描きたいと思っていたと諫山先生は公式ガイドブックでも言われていましたが、本当にその通りだったようです(^^)

この画では背筋が気に入らないようです。
2016-12-24_155825
素晴らしい名シーンですが、描いた本人は満足出来ていないようですね(笑)

これは、さきほどと同じ意味合いですね。
2016-12-24_155846
この頃の画の方が、本人としては手応えを感じる事があるのでしょう。

この「シーンの印象が変われば」間違いなく大成功ですよね!
2016-12-24_155904
変わりまくりです!(^^)

この場面は描いていて楽しかったようですが、読んでいる側も楽しかったです(^^)
2016-12-24_155922
雑誌掲載時には、この場面以外に格闘シーンがあったようです。
2016-12-24_155946
この頃は雑誌では読んでいなかったので、初めて知りました!

この口を裂けるシーンは、印象深かったですよね!
2016-12-24_160005
「切れ目を入れていた」というところに、キチンと女型の巨人登場時から考えられていた場面だった事が窺えます。

諫山先生は貪欲ですよね(笑)
2016-12-24_160025
とても失敗だったとは思いませんが(・_・;)

この場面のアニメでの改変は、諫山先生からのお願いだったようです。

これ、キチンと作られており、「実際壁の中から超大型巨人が見えたらこうなんだろうな」というリアル感が出ていました。
2016-12-24_160047
リヴァイ兵長が持っているブレードを実際握れるようになっており、もちろん握りアンカーを出してみました(笑)
2016-12-24_160110
実際にアンカーは、発射しませんでしたが(笑)

これはミカサのマフラーです。
2016-12-24_160142
驚いたのは、「ウール製」とか、「目が粗い」等の設定がされていた事でした。
2016-12-24_160231
作品内で出す、質感とかの都合でしょうか?

これは、獣の巨人の正体ジーク戦士長ですよね!
2016-12-24_160311
「進撃の巨人展」東京時では、ジーク戦士長は登場していなく、「これは誰だ?」と話題になった画ですよね。

しかし、この頃のジーク戦士長は痩せていて、とても獣の巨人の正体には見えませんよね。

どちらかと言えば「グリシャの息子」という設定感が強く出ているように感じますね。

で、いきなり「巨人だあああ」という画が現れます。
2016-12-24_160335
アニの「ベルトルトはさっきお腹痛いって走っていったよ」と斜め下を見ながら言っている事は要チェックです(笑)

次に行くと、超大型巨人が出現!
2016-12-24_160352
だからベルトルトがいなかったのですね(笑)

ライトアップ等の効果で、かなりの迫力でした!

やはり、耳は丸かったです(暗くて写っていない(汗))
2016-12-24_160411
次は「ご当地コーナー」で、「進撃の巨人@名古屋弁バージョン」となっています。

エルヴィンのおかげで「手羽先」って名古屋名物だったのかと、初めて知る管理人アース(笑)
2016-12-24_160431
「チンチンに出してちょーでゃー」は「熱々で出してくれ」という意味ですが、分かりますか?(笑)
2016-12-24_160536
リヴァイの名古屋弁は、似合わないですね(笑)
2016-12-24_160553
「くれとるわね?」は、本当に年寄りしか言いません(・_・;)
2016-12-24_160610
「たいがいにせないかん」は「いい加減にしろよ」という意味で(笑)
2016-12-24_160631
この後の「ぎゃああああ」という女型の巨人の叫びの場面は「みゃあああ」となっていました(笑)

写真撮り忘れており…(;´Д`)

で、展示が終わりそのまま「購買部」へとグッズを見に行きました!
2016-12-24_160732
いきなり缶バッヂのガチャガチャが大量にお出迎え!

Tシャツ、パーカーから文房具、お菓子等もろもろ…

本当に目移りしましたよ!

リヴァイの紅茶も惹かれた…(笑)
2016-12-24_160801
結局、これだけ購入しました!(^^)
2016-12-24_160857

◆「進撃の巨人展 360°体感シアター“哮”」の感想!


購買部を出ると同じ敷地内の対面にある建物で、「進撃の巨人展 360°体感シアター“哮”」が体験しました。

別料金600円となっていましたが、これは体験しておくべきです。

文字通り360°「進撃の巨人」の世界に入り込め、体感できます。

場面はエレンゲリオンによるトロスト区奪還作戦で、最初にピクシス司令より精鋭班とともにエレンゲリオンを守り、壁の穴を塞いでくれと頼まれます。

そしてミカサとともにトロスト区を立体機動装置にて移動します。

この時の立体機動装置での移動は、本当にアンカーを刺し、移動しているように感じました!

浮遊感、ハンパないです!

そして、途中巨人に捕食されそうになりますが、ミカサに助けられます。

最後、エレンゲリオンが壁を塞ぐ前には、自らの手で巨人を駆逐することに成功します!

ミカサの他にもアルミン、イアン、リコなど、懐かしいメンバーにも会え、ともにエレンゲリオンを援護します。

そのような世界を体感できる事も素晴らしかったですが、何より印象的だったのが「壁の上からの目線」でした。
2016-12-25_180405
「進撃の巨人」第73話「はじまりの街」より


壁の上からトロスト区を眺める場面があるのですが、「こんな目線でエレンたちはシガンシナ区やトロスト区を見降ろしてるんだな」と感動しましたし、そのように感じるくらいリアル感がありました。

「進撃の巨人展」を訪れたら、これは体感しておきましょう!

最近ではネットカフェでも体感できるようですし、オススメします!

管理人アースがWALL NAGASHIMAを訪れたのが12月24日のクリスマスイブで、ナガシマスパーランドのスタッフ全員がサンタ衣装をしており、「進撃の巨人展」スタッフも同じように、サンタ衣装となっていました。

その影響もあったのか、WALL NAGASHIMA会場全体が華やいだ雰囲気になっており、すごく楽しかったです!

それだけではなく、例えば「360°体感シアター“哮”」を終えた際にスタッフの一人の女性から「お疲れ様でした」「いかがでしたか?楽しまれましたか?」と親しげに声をかけられ、管理人アースが楽しめましたと答えると「臨場感ありましたよね!」と進撃の巨人ファンというオーラを出しながら嬉しそうに話ができ、本当に気持ち良く楽しめる会場となっていたのが印象的でした。

その時には「巨人に食べられそうだったのですが、ミカサに助けられました」「壁上からの目線が、凄く新鮮でした」など、いろいろ話ができテンションが高いまま会場を後にできました。

WALL NAGASHIMAは、「進撃の巨人展」というイベントの内容が素晴らしいだけではなく、常駐されているスタッフも素晴らしいと感じました。

ちなみに購買部のレジをしていたスタッフは、まだまだ「新人アルバイトです!」という感じでしたが(笑)

そこも含めても、行くのを迷っている方は行ってみて損はないですよ!と勧められるイベントとなっていると思います!

2月12日(日)まで開催されているので、迷っている方には勧めたいイベントだと感じた管理人アースでした!\(^o^)/

「ウォール・ナガシマ」の壁外調査報告を終わります!(`・ω・´)ゞ

「進撃の巨人展 SELECT」WALL AOMORI&WALL NAGASHIMA開催決定!
【進撃の巨人ネタバレ全話まとめ】


Sponsored Link

8 Responses to “「進撃の巨人展 WALL NAGASHIMA」体験レポ!”

  1. アルミン アッカーマン より:

    アースさん更新お疲れ様です
    私も愛知県在住なのでwall Nagashimaに行きたいなと思っていましたがこの記事を見て確実に行こうと思いましたアース調査兵団の一員として壁外調査に行ってきます!笑
    これからも更新頑張ってください。

    • 管理人アース より:

      アルミン アッカーマンさん!

      コメントありがとうございます!

      おお、愛知県在住なんですね!
      それはぜひ行くべきですよ!
      今後、ウォール・名古屋やウォール・オカザキが開催される補償もないですしね!(笑)
      コンビニで、スパーランドの入場券と進撃の巨人展の入場券の前売り券を購入しておくことをオススメします!
      壁外調査、ご武運を祈っています!(`・ω・´)ゞ


      管理人アース

  2. さすらいの河豚 より:

    ご紹介、ありがとうございます!そして壁外調査、お疲れ様でした笑

    作者さんの絵は、色々言う人が多かったようですが…
    今も試行錯誤して苦しみながら描かれているんですね。
    これからもきっと絵が変わっていくのでしょう、楽しみです。

    個人的にコーヒーが体質に合わず紅茶派の私は、リヴァイ兵長の紅茶がとても気になります。笑
    原産地とか茶葉のブレンドとか…
    サシャの芋タルトケーキもおいしそうですね笑

    • 管理人アース より:

      さすらいの河豚さん!

      コメントありがとうございます!

      >コーヒーが体質に合わず紅茶派の私は
      管理人アースは、コーヒー派なので、気になりながらも購入は止めました(笑)
      タルト・ケーキもクッキーも美味しかったですよ!
      食べ終わったも、箱と缶はとってあります(^^)

      またよろしくです!


      管理人アース

  3. sukekiyo より:

    おはようございます。
    『進撃の巨人展』レポありがとうございます!

    写真からでも臨場感がとても伝わりました。
    会場内で撮影しながら楽しまれているだろうお姿が想像できましたよ^^

    まず最初に超大型巨人の「頭」が出迎えてくれるんですね。そして来場客の感想にサクっと心の中でツッコミを入れるアースさん、さすがです(笑)
    初期の頃の絵に対する諫山先生のコメントなどは一部でも非常に興味がありますし、(多分このコーナーを実際に観ていたらすごく時間がかかりそうです。)個人的には諌山先生の絵のタッチ以上に直筆部分の「字」が気になりますね。きっと連載当初と今とでは心境も環境も違うでしょうから文字にも変化があるだろうなと想像できます。

    あと、ミカサのマフラーはずっと赤が強い色だと思っていたら「赤味を帯びた黒っぽい色」だと新発見があったり、リヴァイの名古屋弁は確かに似合わないな(脳内では神谷さんボイスで再生されるので)、など開催地に合わせた準備や設定もされていて素晴らしいなと感じました。

    私の在住地方では開催自体が難しいと思うので、せめて近い県で開催してもらえるなら頑張って行きたいなと思っています。
    そんな希望をもって今回は事前に色々と内容を知ることができてとても楽しかったです^^
    編集ならびに記事の作成お疲れさまでした。
    アースさんにとっても素敵なXmasイヴのプレゼントになったのではないでしょうか。

    リヴァイの紅茶、私も気になります(笑)
    多分間違いなく購入しますね。

    • 管理人アース より:

      sukekiyoさん!

      コメントありがとうございます!

      >直筆部分の「字」が気になりますね
      ああ、そうですよね。
      写真は撮らなかったのですが、諫山先生の学生時代の習字の作品も展示してありました。
      「大腸」だったかな?
      小腸でした(笑)
      2016-12-30_034457
      sukekiyoさんも、見に行ったらかなりの時間を消費するでしょう(笑)
      でも、本当に素晴らしい時間でしたよ!(*^^*)


      管理人アース

  4. 普通の東洋人。 より:

     このたびのウォール・ナガシマへの遠征進撃、ならびに詳細な調査報告、お疲れ様です。
     ハンジさんばりに巨人展をつぶさに探究するアース様の背中に、誇り高く翻る自由の手羽先が目に見えるようです。
     …ウソです。


     時に私は北国在住、ウォール・サッポロには春に進撃しましたが
    『360°体感シアター”哮”』では、機材セッティングの待ち時間に案内のスタッフの方が、
    「初日に釧路から(301.1㎞)のお客様がいらしてましたよ。」
    「無言で身じろぎもせず座っている方、VRという事を忘れて両手を突き出して何かを制止しようとする方、皆さんいろんなリアクションをされて面白いです。」とのお話を。
     お出迎えは『北海道へようこそ』のコメントと共に、毛糸のお帽子姿のデフォルメミカサ色紙(なまらめんこかった…!)
     本当に開催地によって、また日によっても新たなお楽しみが幾つもあるんですね、進撃展。 時間がたつのを忘れてしまうので、ファン同士で行くのが良さそうです。
     アース様の調査はイブだったそうですが、どなたかと行かれたんですか?

    • 管理人アース より:

      普通の東洋人。さん!

      コメントありがとうございます!

      >私は北国在住、ウォール・サッポロには春に進撃しましたが
      おお、そうだったんですね!
      東北から札幌でも、かなりの距離がありますよね!
      壁外調査お疲れ様です!(^^)

      >どなたかと行かれたんですか?
      イブに行ったのは仕事が休みだったからで、深い意味はないですよ(笑)
      家族で行って来ました(笑)

      またよろしくです!


      管理人アース

コメントを残す

このページの先頭へ